どう選ぶ?リスティング広告の代行業者

効果のあるリスティング広告を運用してくれる代行業者とは

効果のあるリスティング広告運用代行代理店を探す! » リスティング中心にプロモーションできる【中小企業向き代理店】 » 自社運用からリスティング広告代行業者に変換する際の代理店の選び方 » 自社運用から切り替えるタイミングとは?

自社運用から切り替えるタイミングとは?

リスティング広告の運用を、インハウスから代理店へと切り替えるタイミングについて解説しています

インハウスから代理店への切り替え時期は?

これまで、リスティング広告を自社で運営してきたものの、限界を感じて代理店に依頼するという会社も多いようです。

インハウスリスティングの一番のメリットは、手数料がかからないことです。

また、社内で運用することで、リスティングのノウハウを蓄積することができ、商品の在庫や状況に合わせてスピーディーに対応できるのも魅力です。

けれども、社内に知識や経験をもった人がいない場合、運用までに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

リスティングに関する知識や運用の仕方を学ぶところから始めなければならないからです。

また、ユーザーが求めている情報がいつまでも同じとは限りません。ユーザーのニーズはますます多様化し、検索にかけられるキーワードは日々、変化していきます。それを調査し、より成果のあるキーワードを選定していくのは、かなりの手間と労力がかかります。

うまく運用していけば、社内でノウハウを蓄積することができますが、同じ人ばかりに負担がかかってしまう、その人が部署や会社を移動するとなると、ノウハウを継承することができません。

さらに、限られた人数で行っている場合、どうしても思考が偏ってしまいがち。キーワードのワンパターン化を避けるためにも、さまざまな人の意見を取り入れていくことが大切なのです。

リスティング広告の成果が感じられないときには

リスティング広告の運用を始めたものの、人材が足りない、ノウハウが蓄積できない、担当者が別部署に異動になったなどの場合には、一度、代理店に依頼してみるものひとつの方法です。

代理店に依頼することで手数料はかかりますが、手間のかかる初期設定や運用管理をすべて任せることができますし、経験豊富な代理店であれば、より早く、成果の出るキーワードの選定などが期待できます。

また、運用のノウハウやランディングページの相談にも乗ってもらえるので、さまざまな考え方を取り入れることも可能です。

リスティング広告をしているのに、なかなか問い合わせや売り上げにつながらないと感じているのであれば、一度、プロの代理店に任せてみるのもおすすめです。

自社運用からの切り替えに最適なWEB広告代理店の選び方とは?

 
ページの先頭へ