どう選ぶ?リスティング広告の代行業者

効果のあるリスティング広告を運用してくれる代行業者とは

効果のあるリスティング広告運用代行代理店を探す! » リスティング中心にプロモーションできる【中小企業向き代理店】 » 自社運用からリスティング広告代行業者に変換する際の代理店の選び方

自社運用からリスティング広告代行業者に変換する際の代理店の選び方

リスティング広告を自社運用と代行業者に依頼するのでは、どちらがいいのか。さまざまな視点から比較していきます。

リスティング広告は自社運用と代理店ではどちらがいいの?

リスティング広告を代行業者に依頼すると、次のようなメリットが考えられます。

  • 運用の手間が省ける
  • ノウハウがあるので成果が出やすい
  • 最新の情報が得られる
  • 効果的なリスティング広告にするための相談ができる

代行業者に依頼するデメリットは以下の通りです。

  • 手数料がかかる
  • 自社や業界についての理解が不十分な場合がある

一方、リスティングの自社運用(インハウス)には、次のようなメリットが挙げられます。

  • 手数料がかからない
  • ノウハウが社内に蓄積できる
  • 自社のサービスや競合への知識が豊富
  • スピーディーに対応できる

もちろん、デメリットも存在します。

  • 運用までに時間がかかる場合がある
  • 最新情報やノウハウを自分で調べる必要がある
  • 思考や施策が偏りがち
  • ノウハウが継承されない場合がある

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自社運用にするのか、代行業者に依頼するのかを検討するといいでしょう。

ですが、自社運用で成果を出せるケースは非常にまれ。特に、専任の担当者がおらず、社長や経営者が自身でキーワード選定をしているようなら、一度、代行業者に委託してみてはいかがでしょう。きっと、払った費用に見合う成果が出るはずです。

効率的にリスティング広告を運用してくれる代行業者とは?

自社運用から代理店への変換

自社運用に限界を感じて、代行業者に変換するケースも多くあります。とりあえず、リスティング広告を自社運用でやってみたものの、思ったよりも時間がとられ、手間がかかることもしばしば。

リスティング広告に関する知識や技術があれば、それほどたいへんではないのかもしれませんが、一から知識や技術を身につけようとすると、かなりの時間と労力がかかります。

また、ユーザーが求めている情報は日々、変化していきますから、より高い成果が得られるキーワードの選定にも常に気を配っていなければなりません。

人手不足で、リスティング広告に人材を割くことができない、特定の担当者にだけ負担がかかってしまうなどの弊害がある場合には、自社運用から代理店に変換するのもいいかもしれません。

自社運用であまり効果を感じられないという場合にも、一度、専門家に相談してみるのがおすすめです。

 
ページの先頭へ