どう選ぶ?リスティング広告の代行業者

効果のあるリスティング広告を運用してくれる代行業者とは

効果のあるリスティング広告運用代行代理店を探す! » リスティング中心にプロモーションできる【中小企業向き代理店】 » リスティング広告初心者が知っておきたい代理店の選び方 » リスティングにかかる費用とは?

リスティングにかかる費用とは?

リスティング広告を出すためには、どれくらいの費用がかかるのか。費用の相場や、適切な予算の考え方についてまとめています。

リスティング広告の費用は広告主が決められる

リスティング広告の費用は、1クリックごとに料金が発生する「クリック課金型」という仕組みになっています。逆に言えば、広告が表示されていても、ユーザーがクリックしなければ料金は発生しません。

リスティング広告は、広告が「クリックされた回数×キーワードごとの単価」によって、その料金が決まります。

このクリック単価は、広告主が自由に設定することができるのですが、リスティング広告の料金は、入札形式で行われます。検索結果の画面で広告を表示させるためには、最低入札価格以上で入札しなければなりません。

最低入札価格は、キーワードや広告の質、入札数によって変わってきますが、検索が多くかけられるキーワードほど、最低入札価格も高くなるといわれています。

複数の入札があった場合には、入札価格と広告の質(クリック数)によって、掲載順位が決まります。つまり、とにかく入札価格が高ければいいというわけではなく、多くの人にクリックされる質の高い広告であれば、入札価格を抑えつつ、上位に表示させることも可能になります。

具体的に、リスティング広告を導入する際にかかる費用については、Google AdWordsの場合は初期費用0円、広告費(任意設定)だけ、Yahoo!プロモーション広告の場合は初期費用0円、広告費3,000円から利用することができます。

キーワードごとの平均クリック単価を知りたい場合、Google AdWordsであればキーワードプランナーを、Yahoo!プロモーション広告であればキーワードアドバイスツールを使うと、簡単に調べることができます。

費用対効果の高いリスティング広告代行業者は?

予算の立て方

リスティング広告は、少ない費用ではじめられるのが特徴ですが、実際には、どれくらいの予算で計画を立てるべきなのでしょうか。

売り上げ目標を設定して予算を決める

商品の単価が5,000円で、月に50万円の売り上げがほしい場合、100個売らなければなりません。

1個売れる成約率を1%とした場合、100個売るためには、10,000クリックが必要になります。

この場合の平均クリック単価を50円とすると、予算は50万円必要ということになります。

キーワード単価から予算を決める

まず、キーワードごとの平均クリック単価を調べます。平均クリック単価が50円だった場合、クリック数を5,000回と設定すると、必要な予算は25万円。

成約率を2%とすると、予算25万円で100件の成約が見込めるといった具合です。

 
ページの先頭へ