どう選ぶ?リスティング広告の代行業者

効果のあるリスティング広告を運用してくれる代行業者とは

効果のあるリスティング広告運用代行代理店を探す! » ECサイトの売上UPが得意なWEB広告代理店 » WEB上で広告を出すメリット

WEB上で広告を出すメリット

ECサイトを運営する際、WEB広告を使って集客を促すことのメリットについて紹介しています。

ECサイトでリスティング広告を使うメリットとは

インターネット上で手軽に買い物ができると人気のECサイト。新規参入する企業も増え、競争率はどんどん高くなっていきます。その中でも、集客を獲得するために、WEB上で広告を出す企業も多くあるようです。

WEB上で広告を出すのは、お客さまからの問い合わせの増加や、新規顧客の獲得商品やお店の認知度アップ実店舗への来店数を増やすなどの目的が考えられます。

では、ECサイトの公告をWEB上で出すメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

予算を抑えることができる

雑誌や新聞広告の場合、数十万円、テレビになると数千万円という予算がかかるのに対し、WEB広告、リスティング広告であれば、クリック課金型なので、単価や予算を自分で決めることができます。

リスティング広告費用は

クリック数×クリック単価=広告費

で計算ができます。

配信する曜日や時間を指定できる

WEB広告は、広告を配信する曜日や時間帯を自由に設定することができます。たとえば、週末の夜だけ、平日の10~17時の間だけ、というように決めることができるのです。

商品や客層に合わせて、集中的に広告を出すことで、より高い成果を得ることができます。

ターゲットを細かく指定できる

性別や年齢、地域はもちろん、興味のある分野や配信先のデバイスなどを指定することができます。そのため、アプローチしたいターゲットに集中した広告を出すことができ、無駄を省くことができます。

動画を組み込んだ広告も可能

WEB広告では、動画を取り入れることもできます。動画にすることによって、店頭で商品を説明しながら販売するような効果も見込めます。

文字で広告を見るよりも、動画のほうがわかりやすいので、若い人から高齢者まで幅広い世代をターゲットにすることができます。

コンバージョンしなかった客層にもアピールできる

そのときはコンバージョンしなかったとしても、広告によって、商品や店舗を宣伝することで、別サイトを見ているお客様にも、別の機会に商品購入や資料請求などを促すことができます。

サイトのタイプに合わせたWEB広告代理店の選び方をチェック!

 
ページの先頭へ