どう選ぶ?リスティング広告の代行業者

効果のあるリスティング広告を運用してくれる代行業者とは

効果のあるリスティング広告運用代行代理店を探す! » ECサイトの売上UPが得意なWEB広告代理店 » ECサイトの運営で気を付けたいこと

ECサイトの運営で気を付けたいこと

より成果を上げるため、ECサイトを運営する際に押さえておきたいポイントについてまとめています。

ECサイトの運営で押さえておきたいポイントとは

日予算と上限CPCのバランスを考える

日予算を低く、CPCを高く設定してしまうと、どれほど検索されても、わずかしか広告が表示されない場合があります。

たとえば、日予算を5,000円にして、キーワードを10個登録、キーワードのCPCを500円に設定した場合、広告は10クリック分しか表示されないということになります。

こうしたトラブルを避けるためには、日予算をアップさせるか、キーワードCPCを下げるかしなければなりません。

広告グループとキーワードの数をチェック

広告グループの数が多くなると、検索数の多い広告グループにばかり予算が集中してしまい、表示されない広告グループができてしまいます。

また、ひとつの広告グループの中にキーワードがたくさんあると、検索数の多いキーワードに予算が集中してしまい、表示されないキーワードが出てくることになります。

BIGワードでキャンペーンを作成する

BIGワード、つまり検索ボリュームが大きいキーワードは、他のキーワードの邪魔になってしまう場合があるので、別のキャンペーンをつくり、日予算を十分に設定するようにしましょう。

社名・ブランド名をキーワードにする

社名やブランド名をキーワードにすると、安いクリック単価でコンバージョンにつながりやすいというメリットがあります。社名やブランド名は、BIGワード同様、別のキャンペーンを作るようにしましょう。

商品に合わせた運用をする

多数の商品を扱っている場合、商品ごとに利益率や目標CPAも変わってきます。その結果、コンバージョンの価値にも違いが生まれてくるため、商品に合わせた運用を行うことが必要です。

また、商品ごとにリンク先のURLがある場合には、URLごとに広告グループを作るようにしましょう。

ユーザーのニーズに合った広告文を作る

たとえば、アパレルの場合には、アウターやカットソーなどそれぞれの商品を訴求する広告を設定します。同じシャンプーであっても、男性向け、女性向け、それぞれのニーズに合わせた広告文を作成することで、より、ユーザーの心をつかみやすくなり、コンバージョンにつながりやすくなります。

サイト運営の方法もアドバイスしてくれるWEB広告代理店の選び方をチェック!

 
ページの先頭へ