どう選ぶ?リスティング広告の代行業者

効果のあるリスティング広告を運用してくれる代行業者とは

成果が出ると評判のリスティング広告運用代行代理店とは

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、検索結果画面に表示されるリスティング広告。より良い代行業者とはどんな会社なのかを解説し、貴社にマッチした業者探しをサポートいたします。

WEB広告の中では始めやすく、また、問い合わせや商品購入の増加につながりやすいといわれるリスティング広告。WEBの知識に富んだスタッフがいる会社であれば、自社運用も不可能ではありませんが、より効果を出したいのであれば代行業者に依頼しましょう。

このサイトでは数あるリスティング広告を出稿する際のニーズを以下の3タイプに分類。それぞれどのような代理店がマッチしているのかを解説します。

リスティング
中心に
プロモーション
したい
リスティング
以外でも
プロモーション
したい
ECサイトの
集客を
アップさせたい

本当に効果を実感できる
リスティング広告運用代行代理店の選び方

より良いリスティング広告代行業者とはいったいどんな業者を指すのでしょうか。

一目見て比較できそうなポイントとして挙げられるのは手数料。もちろん、安くて成果が出るならそれに越したことはありません。ですが、「手数料が安い=良い業者」ではないのです。

リスティング広告の最終目標は、自社の売上につながること。であれば、目先の安さよりも、最終的な成果を出してくれる業者こそが「良い業者」と言えます。したがって、費用だけを見て業者を選ぶのはおすすめできません。

貴社がリスティング広告を導入する目的にマッチするか、そもそも集客・購入を促したい商品・サービスに沿った戦略を取れるのかをじっくりと考えて、依頼先を選ぶことが大切です。

リスティング中心にプロモーションしたい場合

国内で営業している企業のうち、99.4%を占める中小・零細企業。予算的に大規模なプロモーションが難しい、というケースがあるでしょう。その場合は、特に費用対効果が高いとされるリスティング広告を中心に、広告戦略を練る方法がベターとされています。
繰り返しになりますが、ユーザーが欲しい情報にマッチした場合のみ広告が掲載されるので、費用が無駄になりません。また、ユーザー自身が興味を持って調べているため、貴社のサイトを訪問した後、問い合わせや購入につながる可能性が非常に高いと言えます。
今回、WEB上で様々なリスティング代行業者をリサーチし、注目の会社をピックアップしました。併せて、ケースごとの代理店の選び方や費用目安などもまとめています。

注目のリスティング広告代行業者ピックアップ

リスティング以外でもプロモーションしたい場合

宣伝予算が比較的潤沢に用意されている大企業の場合、リスティング広告に限らず、動画やディスプレイ広告、メールマガジンなどさまざまなプロモーション活動が行えます。
その際、依頼先の選定には注意が必要です。たとえリスティング広告の運用で優秀な企業であっても、すべてのプロモーションを手掛けるのは至難の業。
一方で規模の大きな広告代理店であれば、社内にそれぞれの専門部署やグループ会社などのネットワークを駆使して、広告形態に合った企画を進めてくれます。
このサイトでは独断で選んだ大企業向けのWEB広告代理店を紹介しています。併せて、WEB上で展開できる広告の例や、それぞれの費用目安もまとめています。

注目の大規模プロモーション代行業者ピックアップ

ECサイトの集客をアップさせたい場合

WEBサイト上で商品を販売するECサイトは、近年参入する企業が増えてきており、競争率が年々高まっています。ですので、ほかのECサイトよりも多くのユーザーを集めるためには、WEB上での広告戦略が何よりも重要です。
検索連動型のリスティング広告はもちろん、過去にサイトを訪れたことのあるユーザーに向けた、リマーケティング広告(リターゲティングとも)の運用が得意な広告代行業者がおすすめ。
また、どんな企業にも対応できる万能型の代理店よりも、ECサイトのWEB広告を専門に扱っている業者の方が、より多くの成果を期待できます。
当サイトおすすめのECサイト向けWEB広告代理店を紹介していますので、売上アップを図りたいECサイトオーナーさんはぜひチェックしてみてください。
併せて、WEB広告を出すメリットや運営する際に気を付けたいこともまとめています。

注目のECサイト集客代行業者ピックアップ

評判のリスティング広告運用代行代理店

ここでは、管理人がピックアップしたおすすめのリスティング広告代理店を紹介します。

  • リーチローカルジャパンYahoo!の正規代理店+日本で唯一のGoogleプレミアSMBパートナー。電話問い合わせや購入件数も把握できるので、電話からの問い合わせが多い業種に特におすすめ。やりとりの録音も可能です。
  • イーエムネット2011年にリスティング広告売上高TOP10入り。3年後、5年後を考えた費用対効果の提案をしてくれます。日本だけでなく、英語圏、韓国、中国語圏にも対応しています。
  • カルテットコミュニケーションズリスティング広告の料金は、固定運用代行費用制度を採用。広告費実費によって区分けし、運用手数料を定めています。最低利用期間は3ヶ月からOK。
  • ソウルドアウト2,000社以上の取引実績をもち、Yahoo!認定の中小・ベンチャー専業で唯一の三つ星正規代理店。リスティング運用の資格保有者も多数在籍。東京、札幌、福岡など全国24ヶ所にオフィスがあります。
  • グラッドキューブ1社に対し最低2名のスタッフが担当し、24時間以内にメール返答や電話対応をしてくれます。ユーザーエクスペリエンス(商品やサービスを使用して得る満足度)向上のために自社開発の分析システム「SiTest(サイテスト)」を採用しています。
  • アドリスティングYahoo!JAPANマーケティングソリューション正規代理店の1つ。一社に対し、運用担当1人、窓口アシスタント1人の2人体制。パートナー(広告主)に対しアカウントを開示しているので、いつでも運用状況をチェックすることができます。
  • ブルースクレイGoogle AdWordsの認定パートナーのうち、「トップレベルユーザー」に認められたスタッフが在籍している代理店。スタッフ全員がAdWords認定試験に合格しています。
  • エクスコア2013年創業。リスティングをはじめとするインターネット広告やSEMなど、WEBマーケティングをサポートしてくれます。
  • リンクルアカウント運用者はすべて、Yahoo!リスティング広告やGoogle AdWordsの認定資格を保有。さらに、3年以上の運用経験をもつ担当者が専任で請け負ってくれます。

これからリスティング広告を始めようとしている、自社運用から外注への切り替え、もしくは代理店の乗り換えを検討している企業担当者の方にとって、知っておきたい情報をそれぞれのケースごとに紹介しています。

※このサイトは2016年4月時点の情報を基に作成しています。
契約前には必ず公式サイトで最新の詳細な情報をご確認ください。

 
ページの先頭へ